多くの男性の悩みのトップとも言える薄毛

多くの男性の悩みのトップとも言える、薄毛の悩みについてですが、食生活の乱れなどから若年性の薄毛あるいは男性の場合はAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる症状が非常に増えています。遺伝的なものも含め、薄毛の治療、対策に関してはさまざまな商品、医薬品が店頭に並んでいます。AGAの治療に関しては専門医の指導のもとに行うものもあります。

また、進行の状況によっては、増毛や植毛といった技術的に薄毛を解消する事も需要が高まってきており、治療と平行して行われているのが現状です。30代の男性を中心に多くなっている薄毛ですが、女性でも薄毛はあります。そういった場合の対策などではウィッグを使用する場合もあります。男性で言うところのかつらに相当するものです。

現在、薄毛の対策にはかつら、植毛、増毛を含め、AGA治療薬であるプロペシアを用いた治療方法などがあり、さまざまな方法で薄毛対策を行う人が増えています。また、育毛シャンプーなど、普段からの薄毛対策、ヘアケア対策としてさまざまなヘアケア商品も随時新商品が開発されており、発売されています。

生活習慣から薄毛に発展するとの指摘もあり、男性女性問わず、生活習慣からの見直しも積極的に行われています。タバコ、アルコールによる弊害などを指摘する事もあります。食生活とも大きな関わりがあると指摘する声もあります。

つい、手を抜きがちな洗髪の方法なども大きな薄毛の要因となっています。最近では、洗髪の方法にこだわりを持つ若者から壮年期の人々も増えています。総合的に食生活から生活習慣までを見直し、洗髪の方法にこだわり、薄毛対策を行う人が増える現在の薄毛対策について考えていきます。

年を重ねても薄毛に悩まされる事なく、生き生きと若々しく充実した毎日を送るためにも日頃から、若いうちからの薄毛対策は現在、多くの人の注目を浴びています。薄毛に関する情報を網羅し、薄毛対策を行う際の注意点など必要な情報を掲載しています。

投稿日:

男性の薄毛対策

男性の薄毛の多くはAGAといわれる男性型脱毛症ですが、男性の薄毛の対策はいかなるものでしょうか。男性の脱毛症、薄毛は男性ホルモンの影響があるとされています。発毛を促す、医学的にも立証されている薬などを使う事で薄毛の対策とする事もありますが、薬だけではなく、普段から気を配っていかなくてはならない点は他にもあります。

男性で多いのが喫煙ですが、喫煙は毛細血管を収縮し、血液の流れが悪くなり髪の毛の発育に問題が生じます。また、過剰な飲酒も肝臓に負担を掛けて髪の毛の発育に問題を生じるとされています。普段から食生活には気を配り、バランスの取れた食事を摂る事を心掛けてください。

また、充分な睡眠時間を確保する事も必要です。髪の毛の成長に大きく関わっています。抜け毛を嫌って、シャンプーを適当にしたり、雑だったり、しなかったりする男性が多いようですが、これでは頭皮が不潔になってしまい、毛穴に皮脂が詰まったりして、髪の毛の健康を阻害しますので、返って抜け毛や薄毛の原因になる場合があります。シャンプーは丁寧にきちんと洗ってあげればそれで抜けていく髪の毛はそもそも抜けていくものだったので、気にしなくて大丈夫なのです。

人の髪の毛は平均で1日、50本から100本は抜けるのが正常な状態でも起こります。また、育毛剤などの利用には効果は一概には言えませんが、血行を促進し、頭皮を清潔に保ち、余分な皮脂を押さえる事で髪の毛の発育に効果があるとされていますので、利用するのもよいです。

投稿日:

タバコが薄毛にあたえる影響

薄毛とタバコの関係ですが、あまりよいとは言えないようです。抜け毛と関係しているといわれています。稀に、タバコをやめた事が原因となって、抜け毛が増えたなどの例もあるようですが、それは大半はタバコをやめたストレスによるものと考えられています。

タバコを吸うとニコチンが体内に入りますが、このニコチンは毛細血管を収縮する働きを持っていますのでタバコを吸う事によって、毛細血管が収縮し、血流が悪くなります。血流が悪くなると髪の毛の成長を阻害する要因にもなりますので、抜け毛や薄毛になりやすくなります。

また、薄毛の人は比較的そうでない人と比べて、頭皮の温度が低いらしい事が分かっていますが、タバコを吸う人の頭皮の温度も低いとされています。タバコには百があって一利なしとも言われていますが、頭皮への影響も大きなものがあります。

また、タバコは吸う事によって大量のビタミンCを消費するとされています。ビタミンCが不足すると栄養不足となり、少なからず、頭皮での髪の毛の成長に影響があります。体にとってもよい事ではないのですが、頭皮や髪の毛にとってもタバコはよい事がありません。

できる事なら、薄毛、抜け毛の対策としては禁煙するなど、タバコに縛られた生活から改善していく事も必要になってきますが、あまり急激にヘビースモーカーの人がやめると、返ってストレス過多となってそれが原因となり、抜け毛などが増える場合がありますので徐々に減らしていくなど、他の対策を取る事も必要になってきます。

投稿日:

薄毛にならないためのシャンプーの方法

人の髪の毛は1日50本から100本は自然に抜け落ちています。それはもう正常な状態で抜けている事もあるので、仕方ないのですが、シャンプーのときに抜け落ちる事を余りにも気にしすぎてきちんとしたシャンプーができていないために、洗髪が不十分で返って毛穴などの汚れが残ったままの状態となり、抜け毛、薄毛への引き金になっている場合があります。

シャンプーによっては刺激が強いものがあったりして頭皮に少なからず負担を掛けるものがありますので一概には言えませんが、きちんと頭皮を清潔に保つ意味でも洗髪はしっかりしなければなりません。しっかり洗髪する事で、薄毛、抜け毛の対策にもなります。

シャンプーするときにいきなりシャンプーを頭に掛けて、ゴシゴシと洗髪する人がいますが、これは正しいとはいえません。まずは、お湯でしっかりと何度も髪の毛を洗い流します。これによって大半の汚れは落ちるとも言われており、その後のシャンプーが楽になります。

何度もお湯で洗い流した後は、シャンプーを手に取り、少量でいいので馴染ませてから優しく指を立てたりせずに指の腹でゆっくりとマッサージする感覚で洗髪します。2度洗いも有効ですので、しっかりとシャンプーが頭皮に残らないようにシャワーなどで洗髪します。

そのときも優しくゴシゴシこするのはやめてください。シャンプーには色々と種類がありますが、天然成分配合のものが、頭皮や髪の毛に優しいのでそういったものを利用しましょう。また風呂上りにゴシゴシとタオルドライする事も避けた方がいいです。優しく拭き取りましょう。

投稿日:

薄毛になる原因とは

薄毛の原因の大半として、遺伝があります。男性ホルモンであるテストステロンが多いと薄毛になるといわれています。このタイプの薄毛をAGAと呼んでいますが、頭頂部や生え際から薄毛になっていくという特徴があります。典型的な男性型脱毛症です。

他にも薄毛になる原因はあります。過度なストレスや精神的な事が原因となって薄毛になる場合があります。ストレスによって、血行不良を起こして髪の毛が正常に発育されなかったり、栄養が不足して抜け毛が増えたりして、薄毛になるものです。

不眠症なども薄毛の原因になったりします。睡眠は非常に大切な要素ですので、不眠症などで、睡眠のバランスが悪くなったり、睡眠時間が極端に短くなったりすると抜け毛や薄毛の原因となります。

またヘアケアが雑になったりすると、抜け毛などの原因になり、そこから薄毛になってしまいます。整髪料やパーマ、カラーなども髪の毛や頭皮に大きなダメージを加える事になりますので、髪の毛にとっていい状態であるとはいえません。整髪料の類は使わないに越した事はないのですが、使うのであればしっかりシャンプーして落とすなど、清潔に保つ必要があります。

適度な飲酒であれば、問題はないのですが過度な飲酒は肝臓に負担をかける事になり、髪の毛の生育に問題が生じます。過度な喫煙も血管を収縮させ、血液の循環が悪くなり、抜け毛や薄毛の原因となります。その他、運動不足なども血行不良となり、抜け毛、薄毛の原因となりますので、適度に運動するように心掛けたいものです。

投稿日:

正しい毛髪のお手入れで薄毛予防

毛髪のお手入れは抜け毛や薄毛の予防ともなりますので重要な要素となります。正しいお手入れをする事によって健康な髪の毛を維持し、清潔に保ちます。洗髪の時に頭皮や髪の毛へのダメージを与えてしまうと髪の毛が傷んだり抜けたりする原因となります。髪の毛を洗う前に適度にブラッシングを行い、指通りをよくしておく事は洗髪の時の髪の毛へのダメージの回避となり、いたわる事ができますので抜け毛を防ぐ効果があります。

くれぐれもブラッシングするのは髪の毛であって、頭皮を傷つけないように配慮する必要があります。ほこりや汚れをあらかじめある程度落としておく効果もあり、シャンプーの効果を引き上げる事が可能となりますのでブラッシングは重要です。シャンプーの中には頭皮にダメージが加わる場合があるものがあります。シャンプーはできるだけ少量で済ませたいのですが、そこで重要なのはシャワーなどでの予備洗いです。大半の汚れはこの予備洗いを丁寧に行う事によって落とす事ができるとされています。

また、その効果としてシャンプーが少量で泡立ちがよくなり髪の毛へのダメージが少なくなります。シャンプーは頭皮に直接掛けず、手のひらにとって馴染ませながら洗髪します。これも頭皮や髪の毛へのダメージの回避に有効です。洗うときは爪を立ててゴシゴシ洗うのではなく、指の腹で優しくもむようにマッサージしながら洗うといいとされています。シャンプーは2回する事をお勧めします。

また、シャンプーを流すときは頭皮に残らないように丁寧に時間を掛けて洗い流す必要があります。その後はリンスやコンディショナーで髪の毛をいたわる事も重要です。タオルドライはゴシゴシと擦る事で髪の毛にダメージを加える事になりますので、丁寧に乾かす事を心掛けます。ドライヤーも適度に熱くならない程度に利用するのもダメージ回避の有効な手段です。

投稿日:

生活習慣と薄毛の関係

生活習慣が乱れたり、偏ってしまうと薄毛の原因になるとされています。大きくはストレス、食生活、睡眠、運動習慣、タバコなどに分かれますが、それぞれに気をつけたい部分があります。

まずは、ストレスですが、ストレスを溜め込む事は精神的にもよくない事です。強いストレスを感じると自律神経系に異常をきたし、不安定になります。その事が原因となって、健康で丈夫な髪の毛の成長を妨げる原因となり、薄毛の要因となります。

食生活でも気をつけなければならない点があります。髪の毛だけに関わる事ではありませんが、高脂肪で高カロリーな食事は健康で元気な髪の毛の成長にとって大敵となっています。髪の毛の主成分はたんぱく質ですが、良質なたんぱく質を摂取できる食事を心掛ける必要があります。良質なたんぱく質を摂取するには豆腐などの大豆製品や、納豆なども有効です。

また、アミノ酸を摂取する事も大切な事で、小魚などに多く含まれていますので積極的に摂取すると健康的な髪の毛が育ち、薄毛の予防になります。また、鉄分やミネラル、ビタミンなどの摂取もバランスよく行う事が理想的ですので緑黄色野菜などは積極的に摂取するとよいとされています。

アルコールの摂取については絶対にダメという事はありませんが、適量にする事で健康の増進を図り、健全な髪の毛の成長を促し、薄毛の予防とする必要があります。健康に配慮した適切な食生活は健全な体を作るだけではなく、健康で丈夫な髪の毛の成長に欠かせない要素となっています。

投稿日:

脱毛症にも様々な種類が

脱毛症とひと言にいっても、いくつか種類があります。多いのは男性型脱毛症(AGAともいう)ですが、その中でも種類があります。そもそも脱毛症とはヘアサイクルの乱れから髪の毛が生えてこなくなる部分ができ、頭皮の露出が多くなる事ですが、男性型脱毛症には、M字型とO字型の脱毛症が大きく分けてあります。M字型とは前髪の生え際から抜けていく状態の脱毛症をそう呼んでいます。

また頭頂部から髪の毛が抜けていく状態をO字型脱毛症と呼んでいます。多くの脱毛症はこのふたつに大別されています。ヘアサイクルが何らかの原因で短くなり、髪の毛が細くなってその段階で徐々に抜けていく状態を脱毛症といいますが、男性ホルモンが関係しているといわれています。

成長期の髪の毛が男性ホルモンの影響で毛母細胞の活動を阻害し、たんぱく質の合成を妨げる事によって髪の毛が成長せず、脱毛症となっているようです。脱毛症の他の種類では、円形脱毛症といって、短時間で円形に脱毛する症状の事を円形脱毛症と呼んでいます。男性、女性の区別なく、ストレスやさまざまな要因で脱毛するとされています。

また、老人性脱毛症といって老化に起因する脱毛症もあります。細胞の活動力が低下する事によって引き起こされる脱毛症です。その他にも頭皮の炎症が原因となって脱毛するものに、脂漏性脱毛症やひこう性脱毛症があります。

何らかの原因によって、皮脂の分泌が過剰になり、皮脂が毛穴をふさいでしまう事で炎症を起こし、脱毛する脂漏性脱毛症と、フケがたくさん出て毛穴をふさいでしまう事で炎症を起こして脱毛するひこう性脱毛症があります。女性に多いものに、出産後に大量に脱毛する脱毛症もありますが、これはホルモンのバランスの変化によるもので、後に正常に戻りますが一時的に脱毛症となります。

投稿日:

薄毛とは|薄毛のメカニズム

薄毛とは原因はいくつかありますが、何らかの原因があり、髪の毛が頭皮から抜けていき落ちてしまって髪の毛が薄くなる状態を薄毛と呼んでいます。髪の毛はよく伸びるなどの表現をしますが、一定のサイクルで伸びたり抜けたりしています。

1年を通じて4回から7回程度、髪の毛の成長期、退行期、休止期の繰り返しで髪の毛が伸びて、その後成長が弱くなっていき、最終的には成長しなくなり抜けていきます。このサイクルを繰り返しながら髪の毛は常に生まれ変わっています。

ところが、このサイクルの途中で成長期や退行期、休止期の期間が短くなり、サイクルが短くなる事によって髪の毛がきちんと成長する前に抜け落ちてしまって、結果的に薄毛の原因となるのです。

成長期の髪の毛は柔らかいのですが、薄毛ではない人の髪の毛は成長すると硬い髪の毛へと成長します。そこに至るまでに薄毛の人の場合は抜け落ちてしまって結果として頭皮には常に成長期の細くて柔らかい髪の毛が多くなり、髪の毛のボリュームが少なく見えたり、薄く見えたりしている状態が続きます。これがいわゆる薄毛の状態です。

最近では、この薄毛は中高年といわず、若い世代、20代や30代でも増加しています。髪の毛が栄養のバランスや食生活の乱れ、不潔などさまざまな要因によって若い世代にも増えており、また、女性でも薄毛に悩む事が増えているそうです。現在、日本では分かっているだけでも1000万人を越える人々が薄毛に悩んでいるという状態が続いています。

投稿日:

毛髪とは

毛髪とは何でしょうか、薄毛にも少なからず関係してくる毛髪の構造についてですが、毛髪は実は皮膚の一部なのです。爪とも構造が似ています。肌の角質層が変化して毛髪となったり爪となったりする訳です。形状は違いますが、皮膚の一部という事では構造は同じです。

主成分はクラチンといい、たんぱく質の中でも比較的硬い成分が主成分となっています。地肌から生えている、いわゆる髪の毛といわれる部分には名称があり、毛幹といいます。地肌の中に入っている部分を毛根と呼んでいます。毛根の根元の部分は丸くなっていますが、これを毛球といい、ここで髪の毛が生成されています。毛球の先は凹んでおりそこにそこは毛乳頭と呼ばれていて、この毛乳頭の周辺の細胞を毛母細胞と呼んでいます。

毛乳頭の役割としてはその付近にある毛細血管から栄養素や酸素を周辺の毛母細胞へと渡します。すると毛母細胞は細胞分裂を行い、新しい組織を作ります、その組織の一部が地肌から出てきて毛髪となります。全ての毛根でこの一連の流れが常に起こっており、毛髪が生えてくる要因となっています。

毛髪の1本1本は全て三層構造になっています。毛髪の表面をよく聞く言葉でキューティクルと呼んでいます。その内側はコルテックスという毛皮質が束となっています。
その真ん中にメデュラと呼ばれる毛髄質があります。毛髪は以上のような構造でできており、生えてくるサイクルは毛乳頭や毛母細胞を中心とした細胞分裂によって毛髪が生成されて成り立っています。

投稿日: