タバコが薄毛にあたえる影響

薄毛とタバコの関係ですが、あまりよいとは言えないようです。抜け毛と関係しているといわれています。稀に、タバコをやめた事が原因となって、抜け毛が増えたなどの例もあるようですが、それは大半はタバコをやめたストレスによるものと考えられています。

タバコを吸うとニコチンが体内に入りますが、このニコチンは毛細血管を収縮する働きを持っていますのでタバコを吸う事によって、毛細血管が収縮し、血流が悪くなります。血流が悪くなると髪の毛の成長を阻害する要因にもなりますので、抜け毛や薄毛になりやすくなります。

また、薄毛の人は比較的そうでない人と比べて、頭皮の温度が低いらしい事が分かっていますが、タバコを吸う人の頭皮の温度も低いとされています。タバコには百があって一利なしとも言われていますが、頭皮への影響も大きなものがあります。

また、タバコは吸う事によって大量のビタミンCを消費するとされています。ビタミンCが不足すると栄養不足となり、少なからず、頭皮での髪の毛の成長に影響があります。体にとってもよい事ではないのですが、頭皮や髪の毛にとってもタバコはよい事がありません。

できる事なら、薄毛、抜け毛の対策としては禁煙するなど、タバコに縛られた生活から改善していく事も必要になってきますが、あまり急激にヘビースモーカーの人がやめると、返ってストレス過多となってそれが原因となり、抜け毛などが増える場合がありますので徐々に減らしていくなど、他の対策を取る事も必要になってきます。