正しい毛髪のお手入れで薄毛予防

毛髪のお手入れは抜け毛や薄毛の予防ともなりますので重要な要素となります。正しいお手入れをする事によって健康な髪の毛を維持し、清潔に保ちます。洗髪の時に頭皮や髪の毛へのダメージを与えてしまうと髪の毛が傷んだり抜けたりする原因となります。髪の毛を洗う前に適度にブラッシングを行い、指通りをよくしておく事は洗髪の時の髪の毛へのダメージの回避となり、いたわる事ができますので抜け毛を防ぐ効果があります。

くれぐれもブラッシングするのは髪の毛であって、頭皮を傷つけないように配慮する必要があります。ほこりや汚れをあらかじめある程度落としておく効果もあり、シャンプーの効果を引き上げる事が可能となりますのでブラッシングは重要です。シャンプーの中には頭皮にダメージが加わる場合があるものがあります。シャンプーはできるだけ少量で済ませたいのですが、そこで重要なのはシャワーなどでの予備洗いです。大半の汚れはこの予備洗いを丁寧に行う事によって落とす事ができるとされています。

また、その効果としてシャンプーが少量で泡立ちがよくなり髪の毛へのダメージが少なくなります。シャンプーは頭皮に直接掛けず、手のひらにとって馴染ませながら洗髪します。これも頭皮や髪の毛へのダメージの回避に有効です。洗うときは爪を立ててゴシゴシ洗うのではなく、指の腹で優しくもむようにマッサージしながら洗うといいとされています。シャンプーは2回する事をお勧めします。

また、シャンプーを流すときは頭皮に残らないように丁寧に時間を掛けて洗い流す必要があります。その後はリンスやコンディショナーで髪の毛をいたわる事も重要です。タオルドライはゴシゴシと擦る事で髪の毛にダメージを加える事になりますので、丁寧に乾かす事を心掛けます。ドライヤーも適度に熱くならない程度に利用するのもダメージ回避の有効な手段です。