毛髪とは

毛髪とは何でしょうか、薄毛にも少なからず関係してくる毛髪の構造についてですが、毛髪は実は皮膚の一部なのです。爪とも構造が似ています。肌の角質層が変化して毛髪となったり爪となったりする訳です。形状は違いますが、皮膚の一部という事では構造は同じです。

主成分はクラチンといい、たんぱく質の中でも比較的硬い成分が主成分となっています。地肌から生えている、いわゆる髪の毛といわれる部分には名称があり、毛幹といいます。地肌の中に入っている部分を毛根と呼んでいます。毛根の根元の部分は丸くなっていますが、これを毛球といい、ここで髪の毛が生成されています。毛球の先は凹んでおりそこにそこは毛乳頭と呼ばれていて、この毛乳頭の周辺の細胞を毛母細胞と呼んでいます。

毛乳頭の役割としてはその付近にある毛細血管から栄養素や酸素を周辺の毛母細胞へと渡します。すると毛母細胞は細胞分裂を行い、新しい組織を作ります、その組織の一部が地肌から出てきて毛髪となります。全ての毛根でこの一連の流れが常に起こっており、毛髪が生えてくる要因となっています。

毛髪の1本1本は全て三層構造になっています。毛髪の表面をよく聞く言葉でキューティクルと呼んでいます。その内側はコルテックスという毛皮質が束となっています。
その真ん中にメデュラと呼ばれる毛髄質があります。毛髪は以上のような構造でできており、生えてくるサイクルは毛乳頭や毛母細胞を中心とした細胞分裂によって毛髪が生成されて成り立っています。