生活習慣と薄毛の関係

生活習慣が乱れたり、偏ってしまうと薄毛の原因になるとされています。大きくはストレス、食生活、睡眠、運動習慣、タバコなどに分かれますが、それぞれに気をつけたい部分があります。

まずは、ストレスですが、ストレスを溜め込む事は精神的にもよくない事です。強いストレスを感じると自律神経系に異常をきたし、不安定になります。その事が原因となって、健康で丈夫な髪の毛の成長を妨げる原因となり、薄毛の要因となります。

食生活でも気をつけなければならない点があります。髪の毛だけに関わる事ではありませんが、高脂肪で高カロリーな食事は健康で元気な髪の毛の成長にとって大敵となっています。髪の毛の主成分はたんぱく質ですが、良質なたんぱく質を摂取できる食事を心掛ける必要があります。良質なたんぱく質を摂取するには豆腐などの大豆製品や、納豆なども有効です。

また、アミノ酸を摂取する事も大切な事で、小魚などに多く含まれていますので積極的に摂取すると健康的な髪の毛が育ち、薄毛の予防になります。また、鉄分やミネラル、ビタミンなどの摂取もバランスよく行う事が理想的ですので緑黄色野菜などは積極的に摂取するとよいとされています。

アルコールの摂取については絶対にダメという事はありませんが、適量にする事で健康の増進を図り、健全な髪の毛の成長を促し、薄毛の予防とする必要があります。健康に配慮した適切な食生活は健全な体を作るだけではなく、健康で丈夫な髪の毛の成長に欠かせない要素となっています。