薄毛にならないためのシャンプーの方法

人の髪の毛は1日50本から100本は自然に抜け落ちています。それはもう正常な状態で抜けている事もあるので、仕方ないのですが、シャンプーのときに抜け落ちる事を余りにも気にしすぎてきちんとしたシャンプーができていないために、洗髪が不十分で返って毛穴などの汚れが残ったままの状態となり、抜け毛、薄毛への引き金になっている場合があります。

シャンプーによっては刺激が強いものがあったりして頭皮に少なからず負担を掛けるものがありますので一概には言えませんが、きちんと頭皮を清潔に保つ意味でも洗髪はしっかりしなければなりません。しっかり洗髪する事で、薄毛、抜け毛の対策にもなります。

シャンプーするときにいきなりシャンプーを頭に掛けて、ゴシゴシと洗髪する人がいますが、これは正しいとはいえません。まずは、お湯でしっかりと何度も髪の毛を洗い流します。これによって大半の汚れは落ちるとも言われており、その後のシャンプーが楽になります。

何度もお湯で洗い流した後は、シャンプーを手に取り、少量でいいので馴染ませてから優しく指を立てたりせずに指の腹でゆっくりとマッサージする感覚で洗髪します。2度洗いも有効ですので、しっかりとシャンプーが頭皮に残らないようにシャワーなどで洗髪します。

そのときも優しくゴシゴシこするのはやめてください。シャンプーには色々と種類がありますが、天然成分配合のものが、頭皮や髪の毛に優しいのでそういったものを利用しましょう。また風呂上りにゴシゴシとタオルドライする事も避けた方がいいです。優しく拭き取りましょう。