薄毛になる原因とは

薄毛の原因の大半として、遺伝があります。男性ホルモンであるテストステロンが多いと薄毛になるといわれています。このタイプの薄毛をAGAと呼んでいますが、頭頂部や生え際から薄毛になっていくという特徴があります。典型的な男性型脱毛症です。

他にも薄毛になる原因はあります。過度なストレスや精神的な事が原因となって薄毛になる場合があります。ストレスによって、血行不良を起こして髪の毛が正常に発育されなかったり、栄養が不足して抜け毛が増えたりして、薄毛になるものです。

不眠症なども薄毛の原因になったりします。睡眠は非常に大切な要素ですので、不眠症などで、睡眠のバランスが悪くなったり、睡眠時間が極端に短くなったりすると抜け毛や薄毛の原因となります。

またヘアケアが雑になったりすると、抜け毛などの原因になり、そこから薄毛になってしまいます。整髪料やパーマ、カラーなども髪の毛や頭皮に大きなダメージを加える事になりますので、髪の毛にとっていい状態であるとはいえません。整髪料の類は使わないに越した事はないのですが、使うのであればしっかりシャンプーして落とすなど、清潔に保つ必要があります。

適度な飲酒であれば、問題はないのですが過度な飲酒は肝臓に負担をかける事になり、髪の毛の生育に問題が生じます。過度な喫煙も血管を収縮させ、血液の循環が悪くなり、抜け毛や薄毛の原因となります。その他、運動不足なども血行不良となり、抜け毛、薄毛の原因となりますので、適度に運動するように心掛けたいものです。